『日本ルーツ』にこだわるものづくり

YARN=糸。

 

「YARN HOME」とは日本のものづくりに感銘を受けたひとりの女性、荒川祐美さんが立ち上げた、優しさ・豊かさ・安らぎのベッドリネン中心のブランド。暮らしの中で、人が毎日使うものであり、日々の大切な時間をともにするもの、だからこそ、糸からこだわり日本のルーツを大切にしたものづくりをしている。肌にやさしい天然繊維を使用すること、長く愛用できるように細部まで縫製に気を配ること……。毎日心地よく使っていただけるようにと、荒川さんは品質に対して手を抜かない。

 

ながい歳月をかけ受け継がれてきた伝統、匠の技、つくり手の心意気、情熱、信念。ものづくりに纏わる物語に触れたとき、ものへの想いが特別なものに変わると荒川さんは言った。かおの見えるものづくり、人と人とのつながりを重んじるブランドでありたいということ。人から作られるものは、その人にしか出せない匂いやクセがあること、それを継承したい、たくさんの人に知ってもらいたい、そして長く使い続けたいと思って欲しいという願いがある。いろんな人の手を介し、生み出されるものたちは、使えば使うほど「自分のもの」になり、ますます素材の良さを感じることができる。

YARN HOMEには「BINGO」というベッドリネンがある。日本の伝統工芸「かすり織物」で栄えた広島県・備後地区。現在は良質なデニムの産地として世界から注目されている。そこで生まれた生地は、カジュアルすぎない、しっとりなめらかな風合いである。商品名の「BINGO」は「備後かすり」が由来だ。

 

広島県福山市。備中備後は日本でデニム生地を生産している唯一の地域。江戸時代初期、綿花の栽培を奨励して以来、芦田町一帯で生産が始まった「備後絣」とともに備後地方の織物産業は大きく発展したと言われている。昭和時代に入り、国内のデニム需要の高まりを背景として国産デニムの生産を開始。現代 紡績・染色・織布・縫製・加工といったデニム生産に関わる業種が集積し、国内でも最大のデニム産地となった備中・備後地域は、各国の有名ファッションブランドに使用されるなど、世界に誇るデニムの産地となっている。

福山に紡績工場を構える「篠原テキスタイル」。かすり織物製造から始まり、デニム織布製造業に至るまで110年以上の歳月を経て、現在は定番のデニムからホワイトデニム、カラーデニムなど、バリエーション豊富なデニム生地を生産している。 篠原テキスタイルの手がけるデニムの特徴は、テンセルを使用していること。滑らかな肌触りとほどよい光沢が魅力だ。また、自社製品の開発にも力を入れている。デニムの型に縛られず、様々な生地を生産。オリジナルの生地を生産し、世界中の展示会にも出展している。日本の丁寧な手仕事が、海外からの支持も熱く、大手アパレルメーカーやファッションブランドからも、このデニムを使った商品が販売されている。現在では、海外生産・製法された生地が輸入されるケースも少なくはない。篠原テキスタイルは、それに対抗し変わった・面白い・こだわりのある生地を作っていくかが今後の目標だそうだ。

 

篠原テキスタイルに到着し、静けさに驚いた。しかし一歩工場に足を踏み入れると、そこは話をするのに距離が近くなくては通じない程、機械の音で溢れていた。綜絖そうこうという作業では、織物の規格通りに、約2,000~8,000本もの糸をタテ糸の配列、入り本数を1本の間違えもなく手作業で通す。エアージェット機・レピア織機・シャトル、3種類の織機を企画によって選び、織っている。工場は日・祝を除き、24時間体制で稼働し続け、1日おおよそ6,000mのデニム生地が出来上がる。

YARN HOMEと篠原テキスタイルの出会い。 篠原さんは大学卒業後、紡績工場に入社。そこでのお客様が現在YARN HOMEの一員であり、荒川さんと篠原さんを繋いだ。ベッドリネンであるということは、色落ちをしてはいけない。そして、肌に直接触れるものだからこそ、質感にはこだわりがあった。上品で滑らかな肌触り・光沢のある生地を取り扱う篠原テキスタイルとは、相性がよかった。肌触りのいい滑らかな生地にするために、糸からこだわっている。コーマ糸という短い繊維を除き、長い繊維だけを平行にそろえた細い綿糸を紡ぎ出来た糸は、丈夫で肌触りのいい糸になる。これだけ手間のかかるコーマ糸は、高級シャツなどに使われ、糸からこだわる人に好まれている。色落ちのしない反応染料の生地を使い、YARN HOME仕様に染色、オリジナルの色合いで「BINGO」は完成した。実際に手に取ると分かる滑らかさは、デニムの概念からすると柔らかく、優しく心地いい肌触りだ。

 

荒川さんにとって生まれ育った場所、広島という土地でものづくりをしたい。大量生産の社会になり、モノをぞんざいに扱ってしまいがちになる今、だからこそ一つ一つ想いを込めて、決して手は抜かない。そんな風に大切に作られたモノは、使う側も大切に使いたい。そして大切なモノが地元で作られていることがわかると、地元がもっと好きになる。 これからの広島を盛り上げていくということで、「同年代の篠原さんと一緒にできているということは心強い。この関係が続いたらいいな」と荒川さん。

 

私たちの身に着けている衣類が小さな棉から作られる尊さを伝えていくことで、これからを担う人たちへ日々をより丁寧に生きるきっかけになることを願っている。

会社概要

株式会社 YARN HOME (ヤーン ホーム)

 

代表 荒川 祐美

[ 設立 ] 2016年9月

[ 事業内容 ] ベッドリネンをはじめとする プロダクト製品全般の企画・製造・卸販売・小売・OEM

 

YARN HOME INC. WEB Site: yarn-home.jp