愛とレモンで島おこし

広島県呉市、瀬戸内へ7つの島が連なるとびしま海道の入り口の町、川尻町に私たちの工房はあります。

とびしま海道というのは国産レモンの栽培で全国的にもトップの島でありながら、観光地化が進んでいないのんびりとした時間の流れる美しい島です。
私たちとびしま柑橘工房では、「愛とレモンで島おこし」を合言葉に日々レモンや周辺の豊かな素材を活かした商品づくりにチャレンジしています。商品開発には地元の方々をはじめ、「想い」を共有できるたくさんの方々に参加していただいています。その中でもこの「れもんげ」はとびしま柑橘工房にとって、たくさんの「想い」の詰まった大切な商品です。

この商品開発にあたっては、呉広域商工会さまから紹介を受けた町おこしの専門家によりコンセプト・レシピ・製法・パッケージに至るまで商品づくりを学び、とびしま海道でレモン農家を営む方々と一緒に作り上げることができました。普段表に出ない、そういった方々の「れもんげ」に詰まった想いの一部を紹介させていただきます。

“お題はレモン。レモンをどうやったら買い取ってあげられるじゃろ。”

当時立ち上げたばかりだったとびしま柑橘工房では収穫時期、この問題は避けて通れない大きな問題でした。

今とびしま海道ではせっかく守ってきた段々畑が少しずつ減ってきよるんよ。
ほんまにいいレモンとか、柑橘つくっとるのに、山の上のほうは葛の蔓に覆われて、荒れた畑が増えてきて、なんとかならんのかね。

試作の傍、とびしま海道を巡り、あらためて瀬戸内の豊かな作物と、そこで暮らす様々な人々の想いに触れることができました。

その一人一人の方々との関係が、今のとびしま柑橘工房の原動力となっています。

名前はれもんげ、広島弁。

「島のみんなは元気にやっとるけん、大切な人を連れていつでも帰ってきんさいね。」

そんな手紙を添えてもらえるような、お菓子。これでいきましょ。

とびしま柑橘工房

〒737-0046 広島県呉市中通1丁目1−2